スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3歳~3歳半頃

1024

当時は、はっきりと障害が分かったことで、悲しいという気持ちより
(今から何をするべきなのか)という思いの方が強かったと思います。
コロニーには、療育相談の他、感覚統合の訓練に通いました。
バス―電車―電車―バス・・と乗り継ぎ、2時間近くかけて行っていました。
(亜沙美は、よく膝の上に立っていて、バスの<降ります>ボタンを降りない
ところで押しては、運転手さんに謝ってた苦い想い出があります・・・笑)
O先生は、とても人気のある先生で、かなり待ち時間もありましたが、
先生とお話すると、随分気が楽になり、行くことも待つことも苦では
ありませんでした。
その他、通所施設に巡回指導に来ておられた国島先生の言語訓練を受けていました。
国島先生は不思議な力を持っておられ(そう思っていました^^)、
集中力のあまり続かない亜沙美に集中して訓練を受けさせて下さっていました。
私は、どうしても個人的に訓練を受けたくて、
コロニーのO先生に紹介状を書いて貰い、
第一日赤(当時のお勤め先)にご無理を言って、通わせて頂きました。
当時、先生が使用しておられたのが、A3版より少し大きめのパネルに
50音が書いてあり、磁石が後ろに付いたひらがな文字を当てはめる
という教育玩具でした。パネルの方は、一語づつしきりがついていました。
亜沙美は、これで、ひらがなを覚え、言葉も作れるようになりました。
家でも使おうと、製造元に電話して取り寄せたように記憶しています。
(今なら、インターネットで、簡単に取り寄せが出来るのに・・・汗)
残念ながら、すでにこの製品は製造打ち切りになっています。
亜沙美が使っていた物は、国島先生の元に行き、今でも
沢山の後輩達の役に立っている・・・と、先日、先生からお聞きしました^^。
先生は、今、個人で言葉の相談室<ホワイトベル>を開いて活躍しておられます。
先日、用があってアートスクウェアに来られ、久々の対面をされたそうで、
「大きくなったねぇ」と話されていました。
あの可愛い時期から、急に今の亜沙美を見られたら・・・
別人と思われたかもしれないと密かに案じています(笑)
スポンサーサイト

テーマ:自閉症児の親 - ジャンル:福祉・ボランティア

コメント

私は子どもの障碍を、1・2度の診察で「自閉症です!」と判断されたときは、“やっぱりね・・・”と思った反面、すごく腹が立ったことを覚えています。「あんた、うちのこよくわかってないくせにっ!」って・・・・。ぴょん太はいわゆるボーダーラインの子で、「自閉」の線引きは難しいと思うんだけど、この時は悔しくて、車の中で泣きながら運転して帰ってました。ぴょん太は私の涙を不思議そうに見ていました。。。あみあみの母さんはなんだか「ドン!」って落ち着いて?いらっしゃるような・・・。私はけっこう喜怒哀楽が激しい方なので、泣いたり笑ったりしながら育児してます。(ノ´-`)トホホ

☆むちむちさんへ☆
そうですか・・・落ち着いていますか^^
もしそうだとしたら、幾つかの理由があります。
亜沙美が生まれる約、2年前に生後間もない子を亡くしているから
かも知れません。
普通に生まれて、亡くなった・・・言い様のない悲しみでした。
亜沙美は、生きている・・・それだけで良かったのです。
それから、亜沙美は、多分、自閉だろうと、思っていました。
だから、はっきりして・・・スッキリしました^^。
それから、私は、泣き虫なんです。だから、泣かないようにしました。
泣くと、自分がどんどん不幸になっていって、
這い上がれないようなきがしたのです・・・汗。
それから、泣いても、亜沙美の自閉は直らない・・・って思うことにしています。
それから、暗いのが苦手なのです^^。

むちむちさんのブログは、面白い!・・・だから好きです^^。
愚痴をどんどん、ブログに書いて、吐き出して下さい。
コメント・・・書きますから・・・。
そうやって、ストレス・・・発散させて、頑張って下さいね^^。

>それから、暗いのが苦手なのです^^。

そうなんですね!それはステキ!(*^ー^*)/そんなママさんに育てられるあさみちゃんは「しあわせ」だなぁ~!そうですか・・・上のお子さんは亡くなられたんですか・・・。そういう悲しい経験を乗り越えて、今の現実さえも「シアワセ」に変えている前向きなあさみちゃんママを見習わなければ・・・。(=_=;)シュン

>むちむちさんのブログは、面白い!・・・だから好きです^^。
ありがとうございます!(涙)ほんとなみだもろい私です!これからもいろんなことがあると思うけど、ぴょん太やたむ子の笑顔を励みに生きていきたいな!!そして皆さんとの繋がりも、今は大きな励みとなってます
ありがたや~~~~(-人-)


見習って頂く程の者ではありませんので・・・汗。
とにかく、何事も前向きに考えましょう^^。
その方が、親も子も救われますからねっ^^v-290

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

あみあみの母

Author:あみあみの母
自閉症の娘、あさみの
成長の記録です。
ホームページはこちらです。

もくじ

01 お誕生~半年

02 生後半年から2歳半まで

03 1歳から2歳半ごろ

04 2歳半~3歳半頃

05 2歳半から3歳半頃

06 3歳~3歳半頃

07 3歳から4歳ごろ

08 4歳

09 4歳頃~4歳半まで(年少さんの時期)

10 4歳の頃(文集)

11 4歳(文集から)

12 4歳(文集から2)

13 4歳半から5歳半(幼稚園・年中)

14 5歳半から6歳半(年長)

15 余談・・・就学

16 小学部1年生

17 もう一度、1年生

18 小学2年生

19 小学3年生

20 4年生

21 余談~<家>

22 5年生

23 余談(療育相談)

24 余談(地域支援センターらいふ)

25 6年生

26 余談(とくなが先生)

27 中学部1年生

28 中学部2年生

29 中学部3年

30 余談

31 高等部1

32 高等部2

33 そして、今

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索

カウンタ~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。