スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4歳の頃(文集)

1028

先日、幼稚園の頃の連絡帳を探していて、通園施設の文集が出てきました。
全く、記憶にない文集でした。手に取って読んでみて、「そういえば・・・」
ぐらいの記憶しかありません。他の方のを読んでも、ぴんとこないところをみると、
送られてきたまま読まずに終い込んでいたようです。
これを載せるかどうか、迷いました。
実は、今まで、親しい人にも話したことの無い、
亡くなった二番目の子のことを書いているからです。
思い出したくないことなので、ずっと封印してきました。
でも、もう20年も前のことです。
亡くなった子の為にも、載せようと思いました。
せっかく生まれてきたのに、何の証しもないのでは、可哀想ですし・・・。

☆----------------------------------
途中で退園した私に、「文集を作るのだけど、投稿しない?」
との電話を頂いた時、少々戸惑いを感じ、迷ったのですが、
私自身のために、文集に参加させて頂くことにしました。
亜沙美のことをお話しする前に、私がどんな思いで、亜沙美を生み、
育てていたかを知って頂きたいと思い、
生後二週間で亡くなった二女のことから話させて頂くことにします。
昭和60年1月20日、体重3136グラムの女の子を出産しました。
次の日、授乳時間がきても呼びに来てもらえないことに疑問を抱き、
看護婦さんに尋ねると「先生からお話がありますから」とのこと。
そして、説明も受けぬまま母乳は、薬で止められました。
不安な思いで、二日間を過ごし、先生からあった説明は、
「腸閉塞です。小児科のスタッフが手厚く看護していますので、
とりあえず退院して、お家で連絡をお待ち下さい」でした。
信じられない思いで、予定より一日早く退院し、
<望美>と名づけて出生届けを出し、不安な思いで連絡を待ちました。
必ず迎えに行けると信じ、迎えに行く日を心待ちにしていたのですが、
それから二週間後の2月1日、帰らぬ姿となった望美をこの手に抱きました。
ピンクの新しいお包みに包まれたわが子は、
お包みの重さだけだったような気がします。
何の為に生まれてきたのか・・・。
抱いてあげることも、お乳をあげることも・・・
何一つ母親らしいことをしてあげていないことを悔やみました。
そして、その後、精神的ショックからか、体調を崩してしまい、
数ヶ月後、薬の副作用で腹水が貯まり、入院しました。
それから一ヶ月後、妊娠していることが分かりました^^
今度こそ、健康な赤ちゃんを生んで育てたいと思ったことは、
言うまでもありません。
そして、安定期になった頃、主人の転勤先のこの地に引越して来ました。
それから、数ヶ月後、里帰り分娩をし、亜沙美の一ヶ月検診を終えた
10月、またこの地に戻り、亜沙美との生活が始まりました
----------------------------------☆

文集の投稿文は、まだまだ続きがあります。
この続きは、明日以降に載せます・・・汗。

(余談)
昨日、俊ちゃんのお母さん(亜沙美と俊ちゃんは、同級生で、今は同僚。
お母さんとは、愚痴を言い合いながら、12年以上付き合ってきた仲です)に
「文集を載せようと思うけど、メチャメチャ長くて暗いのよ」と
言うと、「あの頃は、やっぱり大変だったのだから、明るく書くなんて無理よ。
いいんじゃない、暗くて・・・」と、言ってくれました^^。
それに、彼女も通園施設を卒園する時、原稿用紙7枚も想いを
綴ったそうです・・・笑。
スポンサーサイト

テーマ:自閉症児の親 - ジャンル:福祉・ボランティア

コメント

こんにちは。私のブログに遊びに来てくださってありがとうございます。

そうでしたか・・望美ちゃんのことを読ませてもらい
私が6月末に子供がお腹の中で成長が止まった子とかさなりました。

無事に産まれててきてもどうして・・
おっぱいをあげたかったお気持ち、痛いほどわかります。
この手で抱っこしたかったですよね・・
でもすぐにあさみちゃんができ、喜ばれたでしょう!

子供は授かりものと、つくづく思います。
これから、過去の日記をじっくり読ませてもらいますね。

今、あの子がいたらと思う気持ち・・
永遠に消えないでしょうね。
でもそれでいいのですよね!忘れないことが一番だと思ってます。

ごめんなさい!上のコメントの者です。ネームいれ忘れました。

ご無沙汰しております。
担当が替わってしまってなかなかお話できなくて残念です(>_<) 
あさみさんへの思い、本当はもっと聞きたかったっとずっと心残りだったのですが、こうやってお母さんの思いやあさみさんの今まで歩んできた人生を知ることができ、うれしいです。
私は今は、今のあさみさんしか知らないけれど、あさみさんには19年間生きてきた人生があり、その傍らにたくさんの人がいていろんな思いを持って関わってきたということを大事にしたい。そして、もっともっとあさみさんのことをしりたいと思いました。
 p.s レターセット、マグネットとってもかわいいですね。 
    ありがとうございます(*^_^*)

桃豚さん、今日はv-279
そうですか、貴女も辛い思いをされたのですね。
私は、あの時期、他の赤ちゃんを見るのも苦痛でした。
でも、そんなことに浸って居られないほど、強烈な子を生みました(苦笑)
亜沙美を育てることで、望美の事を考える時間が無くなってしまいました。
それから、<時>です。時間がどんどん過ぎていく・・・なによりの薬でした^^
昨日を振り返らず、明日に向かって進みましょう(キザな文・・・ふふっ)v-290

あっとさん、今日はv-279
担当が代わり、あまりお見かけしなくなりましたが、
相変わらず、お忙しそうですね。
担当して頂いた時は、お忙しいのも拘らず、家にお出で下さり、
沢山の話しを聞いて頂いて、感謝しているんですよ^^。
あれから、随分、気が楽になりました^^。
これからも、きっと、いっぱい、ご迷惑をおかけすると思いますが、
宜しくお願いしますv-436

レターセット・マグネット・・・可愛くできたでしょう?
管理人の会心の出来のようです^^
なんせ、半月掛かりましたから・・・汗。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

あみあみの母

Author:あみあみの母
自閉症の娘、あさみの
成長の記録です。
ホームページはこちらです。

もくじ

01 お誕生~半年

02 生後半年から2歳半まで

03 1歳から2歳半ごろ

04 2歳半~3歳半頃

05 2歳半から3歳半頃

06 3歳~3歳半頃

07 3歳から4歳ごろ

08 4歳

09 4歳頃~4歳半まで(年少さんの時期)

10 4歳の頃(文集)

11 4歳(文集から)

12 4歳(文集から2)

13 4歳半から5歳半(幼稚園・年中)

14 5歳半から6歳半(年長)

15 余談・・・就学

16 小学部1年生

17 もう一度、1年生

18 小学2年生

19 小学3年生

20 4年生

21 余談~<家>

22 5年生

23 余談(療育相談)

24 余談(地域支援センターらいふ)

25 6年生

26 余談(とくなが先生)

27 中学部1年生

28 中学部2年生

29 中学部3年

30 余談

31 高等部1

32 高等部2

33 そして、今

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索

カウンタ~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。